Blue Roses

Let’s feel entertainment in life

Blue Roses について

BlueRoses は、新進気鋭のアーティストとしても国内外から注目されるイラストレーター17組が、 ガールズイラストの可能性を拡げるプロジェクトです。
ガールズイラストレーション」の代名詞的な存在を目指し、さらには業界全体の底上げを目標としています。2009年10月に発足し、国内外での展示活動、商品展開をしています。なおbluerosesは、キュレイターやエージェントにより構成されたものではなく、参加作家たちが力を合わせ運営している団体です。

Blue Roses
「奇跡」という花言葉を持つ青い薔薇。
青いバラは世界中のバラ愛好家の中では夢とされていて、当初の花言葉は「不可能・有り得ない」でしたが、開発が進み青いバラの誕生を実現させた事から、新たに「奇跡」「神の祝福」という花言葉が設けられました。

公式サイト

https://blue-roses.info/

活動履歴

2009年10月
BlueRoses発足
2009年10月24日・25日
東京ビッグサイトで行われたアートイベント、デザインフェスタ vol.30 にプロモーションブース出展
同日 主要メンバー17名の作品がおさめられたイラスト集「BlueRoses」を出版、先行発売
2009年12月12日~13日
京都アートフェスタ 2009 “artDive #01″にブース出展
2009年12月17日〜22日
表参道プロモ・アルテギャラリーにて「BlueRoses -Girls Illustration Exhibition-」を開催
2010年05月31日〜06月11日
六本木12G.、同時に6月4日~17日ニューヨークEXCY GALLERYにて 「BlueRoses 2nd Exhibition ”Kawaii”」を同時開催
2010年07月14日〜07月19日
iPRESS CAFEにて 「iPRESS × BlueRoses 林檎と薔薇展 at iPRESS cafe」を開催
2010年07月19日
VOXSTOREよりBlueRosesが提案するiPhoneケース発売
2010年11月30日〜12月15日
西武渋谷店の店内3カ所の展示スペースにて「西武渋谷店 feat. BlueRoses【Very Merry Holy】」を開催
2011年07月20日
株式会社ソシムより『ガールズイラストレーションレシピ ~Photoshop+Illustrator+手描きプロのデジタル&アナログテクニックを公開~』が発売
2011年06月18日
銀座アップルストアにてイベント「BlueRoses × PARTNER × サイボウズライブ」を開催
2011年10月29日
渋谷loftworkにて「loftwork x BlueRoses ガールズイラストレーションセミナー」を開催
2011年12月12日〜18日
Gallery CORSOにて「BlueRoses 5th Exhibition”Gift” Collaboration by 羽陽美術印刷」を開催
2012年02月03日〜14日
新宿マルイワンにて「BlueRoses x SHINJUKU MARUI ONE Art♡Sweet♡Heart ~ガールズイラストレーション大作戦~」を開催

BlueRoses概要

各イラストレーターの個人実績集となります。PDFをダウンロードしてご覧になれます。
http://blue-roses.info/pdf/members_works.pdf
※上記の個人実績集を法人・企業様に向けて配布しております。お問い合せはContactから。お気軽にお問い合せください。

目次

  • About BlueRoses
  • Member’s Profile
  • 私たちの活動 Exhibition1st〜3rd
  • Showcase メンバーによる実績
  • 各メンバーによるメディア掲載
  • BlueRoses メディア掲載
  • 仕事発注とお問い合わせについて

参加イラストレーター

蛯原あきら : Akira Ebihara
東京都在住。雑貨の企画デザインを経て、2004年よりフリーのイラストレーターに。雑誌表紙をはじめ、「オズマガジン」等の 女性誌や書籍、大手企業のパッケージやポスターなど、ティーン〜30代女性に向けた広告媒体を手がける。 国内外のデザイン・アート誌にもとりあげられ、2010年からは海外での活動も開始。
主な実績:花王・プリティア/セグレタ【パッケージ】、花王・フ リーデイ【POP】、P&G・ビーイングガール【キャラクター】、ワコール【店頭ポスター、顧客向け冊子ほか】、マルイ・エポスカード、書籍表紙、Photoshop作例記事執筆など。
Resident in Tokyo. After planning and designing for gifts and general goods, she became a freelance illustrator in 2004. Now she draws illustrations mainly for magazine covers, women’s magazines, books, and commercial media targeting young women from teenagers to those in their 30s, including packages and posters of P&G and Japanese major companies. Her illustrations have been highlighted in domestic and foreign design and art magazines. She started overseas activities in 2010.
emico : emico
神奈川県在住。日本デザイナー学院グラフィックデザイン科卒業。広告代理店勤務を経て2006年よりフリーのイラストレーターとして独立。 艶感漂う作風で、ガールズイラストから大人の女性までを表現。雑誌・書籍・広告・Webなどの媒体にて活動中。
主な実績:「tiakira」株式会社ジヴァスタジオ【商品パッケージ】、「男の恋愛脳スイッチを入れる50の方法」株式会社ぶんか社【書籍表紙】、「自宅で快腸リフレ」株式会社宝島社【書籍表紙】
Resident in Kanagawa Prefecture. Graduated from Graphic Design Department of Nippon Designer Institute. After working for an advertising agency, she became a freelance illustrator in 2006. She draws illustrations of females from young girls to adult women. She has worked for ads, magazines, books, websites, etc. She has also created commodity packages and illustrations of book covers.
オオタニヨシミ : Yoshimi OHTANI
絵としての「面白み」を重視しながら、和洋折衷やゴスロリなど現代文化のエッセンスを利かせた作風でガールズイラストを描く。 「侘び・寂び・枯れ」や「粋」といった日本独特の感覚を現代的に解釈し、アニメーションや漫画(ジャパニメーション)的な表現とデザイン・アート的表現を融合させた絵柄が特徴。 会員制バーの内装壁画、携帯電話カバーや画面デザイン、コンシューマーゲーム映像用イラストなど、紙・デジタル・web、媒体をとわず国内外で活動中。
主な実績:VISA マルイEPOSカード・KONAMI(ゲーム映像用イラスト)・SHARP(モバイルコンテンツ)・SIGGボトルデザイン・BAR-5-ropongi内装アート・書籍、雑誌表紙・Illustrator作例記事執筆 他
While emphasizing interest as a picture, she draws illustrations of girls, expressing essences of modern cultures such as a compromise between Japanese and Western styles and “goth-loli” fashions. Interpreting Japanese unique senses such as wabi, sabi, kare, and iki in a modern way, she fuses two types of depictions: animation & manga and design & arts. She is active at home and abroad in various kinds of media including paper, digital, and websites, having drawn an interior wall painting at a club bar and creating illustrations for cell phone covers, screen designs, consumer game images and so on.
久保田ミホ : Miho Kubota
東京都在住。販売促進企画業務を経て、フリーのイラストレーターに。 シンプルな構成と黒を活かしたタッチで女性をキュートに、クールに表現。スマートなイラストは、20代〜30代の女性をターゲットにしたファッションブランドのビジュアルイラスト・企業広告をはじめ、「TOKYO GIRLS COLLECTION」web版ガイドブック、化粧品・雑貨の 商品パッケージ等に使用されている。 他、CDジャケット、カタログ、雑誌、 デジタルコンテンツ等、幅広い媒体で活動中。
Resident in Tokyo. Became a freelance illustrator after working for planning for sales promotion. She depicts cute and cool women in a simple composition, using black color effectively. Her smart illustrations have been used for visual illustrations of fashion brands and business advertisement targeting women in their 20s and 30s, website fashion guidebooks, commodity packages of cosmetics and general goods, etc. She also works for many media such as CD jackets, catalogs, magazines, digital contents and so on.
: Xi
1973年生まれ、東京都出身。武蔵野美術大学日本画学科卒。京都四条派精華会三代目田中玉紅の元で古典日本画技法を学ぶ。 2003年日本橋三越にて初展示会。2006年よりストリートファッションイラストレーションをメインにしたイラストレーターとして活動を始める。 彩音インターナショナル代表取締役社長。六本木でイラストレーションを専門に扱うコマーシャルギャラリー「12G.」を運営。イラスト関係の 出版・イベント企画・展示会企画等、国内外で幅広く活動。ニューヨークでの企画経験多数。
主な実績:角川書店書籍表紙等
Born in Tokyo in 1973. Graduated from Department of Japanese Painting, Musashino Art University. He learned traditional techniques of Japanese painting from Gyokkou Tanaka. Participated in an exhibition held at Mitsukoshi Department Store in Nihonbashi, Tokyo in 2003. Started activities as an illustrator in 2006 drawing illustrations of street fashion, etc. CEO of AYANE International, Inc. Running a gallery only for illustrations “12G” in Roppongi. Active domestically and abroad in book publishing, event planning and exhibition planning of illustrations. Planned many exhibitions in New York. He also made a cover illustration for a book.
CNO : CNO
武蔵野美術大学卒。2004年よりフリーのイラストレーターに。 テキスタイルデザインを取り入れ、音楽を感じさせるレトロポップなガールズイラストを描く。 同性の目線から表現した「60’sなキラキラ、キューティーなガール」は10代後半〜30代前半の女性に支持を受ける。 また、自身の音楽経験を生かした楽器モチーフのイラストは女性だけでなく、男性や幅広い年齢層に共感を呼んでいる。
主な実績:バンダイナムコ、mixiをはじめ、郊外型大手ショッピングセンターのポスター、雑誌・書籍等表紙、CD/DVDジャケット、iPhoneアプリ、文具用イラスト等多岐に渡り活動中。近年では海外での活動も。
After graduating from Musashino Art University, she became a freelance illustrator in 2004. Adopting textile designs in her works, she draws retro and pop illustrations of girls which remind viewers of some music. Her pictures of “girls in the 1960s” drawn with the eyes of the same sex have been popular among girls in their late teens to women in their 30s. Her illustrations with motifs of music instruments drawn from her own music experience gain sympathy of women as well as men in various age groups. She has worked for posters, covers of magazines and books, jackets of CD and DVD, iPhone applications, illustrations for stationery, etc. Recently she has started her activities abroad.
sioux : sioux
仙台出身。東京都在住。 東京造形大学デザイン科卒。2001年より都営地下鉄大江戸線の仕事を皮切りにイラストレーター活動をスタート。6年間のデザイン事務所勤務を経て2007年フリーに。
水彩やアクリル絵の具等のアナログ技法をメインに、ファッションイラストとアートの境目なく、繊細に多面的に表現された女性を描く。 憂いのある表情と透明感、滲む色気、鮮烈な赤が特徴。
主な実績:都営地下鉄大江戸線、フジテレビ「恋時雨」、アナスイコスメティックスをはじめ、書籍表紙、雑誌カット、CDジャケット、web、携帯待受、ステーショナリー(UK)、腕時計盤面(UK)等。2009年初個展。バンクーバー、NYでの展示等海外でも活動中。
作家コメント:『アンデルセン童話、特に人魚姫の絵本の挿絵を描きたいです。和装関係のファッションアイテムのデザインやコラボもやりたい!展覧会は原画です。手の温度を感じて下さい』
Born in Sendai, Miyagi Prefecture. Now resident in Tokyo. Started activities as an illustrator in 2001. After working for a design company, she became a free-lancer. Using analog techniques with watercolors and acrylic colors, she draws many aspects of women closely not only as fashion illustrations but as works of arts. The feature of her illustrations is melancholic face expressions, transparency, a radiating feminine attraction, and a vivid red. She has worked for subways, TV, ANNA SUI cosmetics, book covers, magazines, CD jackets, websites, cellular phones, stationery, watches, etc. Her first solo exhibition was held in 2009. She is also active in participating in exhibitions in Vancouver and New York.
Artist’s Comment: I wish to draw illustrations for Andersen’s fairy tales, especially “The Little Mermaid.” I also want to design fashion items for Japanese costumes. My illustrations in the exhibition are original paintings. I hope viewers can feel the warmth of my hands.
タカハシヒロユキ : Hiroyuki Takahashi
キャラクター・パターンデザインを得意とし、 各種媒体デザインをこなしつつCLUBイベント等でのライブペインティングや、専門学校講師など幅広く活動。
Graduated from a design school. After worked for a design office for several years, he became freelance. His specialty is character design. He is quite active in many fields including designs for various media, live painting and a school instructor.
タニグチカズコ : Kazuko Taniguchi
1981年生まれ。光彩感のある女性のイラストを中心に描くフリーイラストレーター。
大きな瞳が特徴で、「カワイイ」をメインテーマにした女性像に模様を重ね、独特の雰囲気を表現する。digmeout所属。
主な実績:FM802キャンペーンビジュアルを中心に京阪電気鉄道、日本臓器移植ネットワーク、Lotte、京都女子大学など。 その他雑誌、広告、CDジャケット等さまざまな媒体で活動中。 アメリカ(LA)、ポートランド、台湾での展示経験あり。
Born in 1981. A freelance illustrator drawing mainly illustrations of women who shine brilliantly. Women in her works have very big eyes. Putting patterns on women of cuteness, expresses a unique atmosphere. She belongs to a group called “digmeout.” She has created illustrations for a campaign visual of FM radio station, a railroad corporation, Japan Organ Transplant Network, Lotte, a women’s collage, etc. She also works for magazines, ads, CD jackets and so on. She has participated in exhibitions in LA, Portland, and Taiwan.
TAMMY : TAMMY
神戸出身。京都市立芸術大学デザイン学部卒業。 キャラクター文具会社サンエックスにてデザイン&アートディレクション担当後2004年からフリーに。
大人ガーリィなティストを得意とし、 広告、看板、商品パッケージ、 出版物、WEB、CDジャケット、企業コラボグッズなどを担当。
主な実績:ファッションビル渋谷109-2【テナントビル総合ビジュアル】、(株)ワールド系ブランド【企業コラボグッズ】、花王【パッケージ】、モバゲータウン【携帯アプリキャラクター】、JUDY AND MARYカバーアルバム【CDジャケット】など。 現在は海外での作家活動も。東京都在住。
Born in Kobe. Graduated from Design Department of Kyoto University of Arts. After working for a stationery maker, she became a freelance illustrator in 2004. She is specially good at expressing a world of girlish women. She works for ads, signboards, commodity packages, publications, websites, CD jackets, corporation collaborating goods, cellular phone applications, etc.
だるま商店 : Dalma-Shoten
京都在住の絵描きユニット。エロキワ京都をテーマにし、極彩色とグラデーションを使い 華やかな空気感に包み込む絵を展開。
その見た目とは裏腹な「コンセプトワークは学会所属、独自の研究・考証・フィールドワークを重ねる」といった製作手法が評価され、 実績として世界遺産熊野古道の参詣曼荼羅や、真言宗大本山随心院の襖絵をはじめ、千家淡交会の茶室色紙、舞妓衣装友禅・清水焼の図柄、割烹料理、祇園祭での奉納などの伝統的な絵や、博物館、国文学学会などアカデミックな分野、その他、よしもと興行、ELLE JAPON、paris collet、表参道ヒルズ、六本木ヒルズ、映画レッドクリフ、テレビ、クラブ、ロフトプラスワンなど様々な分野で活動している。 またライブペイント・VJでは、TEITOWA・大沢伸一・FPM・野宮真樹・東京スカパラダイスオーケストラ・SLEEPWARKEYなどと競演。
作家コメント:『夢は、鳥山明、松任谷由実関連の絵を描くこと。贅沢言うならエルメス・歌舞伎・神社仏閣・劇団新感線・地方の祭り・宝塚歌劇の絵を描きたいと思う毎日です。』
An artist unit living in Kyoto. On the theme of extremely attractive Kyoto, they create gorgeous pictures in full color and in gradation. They belong to learned societies for study of concepts. In addition, they research historical evidences by themselves and perform fieldworks. Their honest methods of drawing have been admired by many clients. They drew a sankei mandala of Kumano Kodo which is one of UNESCO world heritages, and illustrations for fusuma painting at Zuishin-in Temple, maiko’s costume, pottery, etc. They also worked for museums and the Japanese Literary Society, an entertainment company, fashion brands, shopping complexes, films, TV and so on. They often made the performances of live painting and video jockey with many popular DJs, musicians, and artists.
Artist’s Comment: Our dream is to draw pictures for our favorite manga artist and musician. Also hope to draw illustrations for Hermes, kabuki, shrines and temples, theatrical groups, and local festivals.
チバサトコ : Satoko Chiba
1979年生まれ。東京都出身。文化服装学院卒。2003年よりフリーランスのイラストレーターとして活動を開始。 キュートでポップ、スタイリッシュをテーマにキラキラと輝くカラフルな女性たちを描く。 ファッション志向層の女性をターゲットとした媒体をメインに、より一般層に向けたポップなスタイルのイラストレーションも手がけている。(mixiアプリのキャラクターデザイン、ローソンのキャンペーンイラストレーション等) Web、モバイル、雑誌や書籍、広告など、媒体を問わず幅広く活動中。東京都在住。
Born in Tokyo in 1979. Resident in Tokyo. Graduated from Bunka Fashion School. Started activities as a freelance illustrator in 2003. She draws women who are colorful and shining brightly on the theme of being “Cute, Pop, and Stylish.” She creates fashionable illustrations for fashion-oriented women as well as pop-style illustrations for ordinary women. She is very active in various kinds of media including websites, cellular phones, magazines, books, and ads.
NICO : NICO
設計デザインの仕事を経て2001年よりイラストレーターに。 レトロポップなガールズイラストは若い女性を中心に高い人気を得る。 また近年はモダンでグラフィカルな作品として海外のデザイン誌でも多数取り上げられている。
主な実績:VOGUE NIPPON企業コラボ・Cerazette(UK)【広告】、ROLEAL・MATTEL(UK)【パッケージ】、 奥村愛子・THE MILKEES・大塚愛【CDジャケット】など。
After working for a design office, she became a freelance illustrator in 2001. Her retro and pop illustrations are very popular among young women. Recently design magazines have often introduced her works as being modern and graphical. Her illustrations have been used for ads, packages, CD jackets by VOGUE, ROLEAL and other major companies. She is now active in Japan and UK.
Benicco : Benicco
1981生まれ、東京都在住。日本大学芸術学部デザイン学科卒業。デザインの仕事をしながら2008年より作家活動をスタート。 ベジェ曲線を使った日本画のようなラインワークが特徴。モードでスタイリッシュ、クールでどこかセクシーな女性を描く。 2010年秋冬期からはメイクブランド「PALGANTONG」のアートディレクターとしても活動中。
Born in 1981. Resident in Tokyo. Graduated from Design Department, School of Art, Nihon University. Active as an illustrator since 2008 while working as a designer. The feature of her works is line-work like a Japanese painting drawn using Bezier Curve. She draws stylish, modern and sexy women. She also started activities as an art director for a cosmetics brand in 2010.
mamico : mamico
東京都在住。オシャレでキュート、ポップ、スタイリッシュ、レトロ、サイケデリックなどの要素をアートとイラストレーションを融合したオリジナリティーで表現。 一目で惹き付けられるような独特の魅力のあるガールズイラストを描く。
主な実績はANNA SUI、zechia、アデランス、バンダイナムコゲームス、ユニヴァーサルミュージック、mixiなど ファッション、コスメ、デジタルコンテンツ、CDジャケット、パッケージ、カタログ、ポスターなど活動は多岐に渡る。
Resident in Tokyo. She expresses in her work various elements such as fashionable, cute, pop, stylish, retro, psychedelic in her special way fusing arts and illustrations. She draws illustrations of girls who have an impressive unique charm. Her illustrations have been used for fashions, cosmetics, digital contents, CD jackets, packages, catalogs, posters, etc. by ANNA SUI and other major companies.
宮川雄一 : yuuiti miyakawa
桑沢デザイン研究所、セツ・モードセミナー卒業。コンテ会社を経てフリーのイラストレーターへ。 アパレル関係、広告、パッケージ、雑誌、書籍、Web、CDジャケット等にて活動。 和風でアーティスティックな作品からファッション向けの女性イラストまで、様々な女性像を描く。
作家コメント:『女性を描く際は、女性にも受け入れられるような女性を描きたいと意識して制作しております。』
Graduated from Kuwasawa Design School and Setsu Mode Seminar. After working for a company, he became a freelance illustrator. Active in working for apparel, ads, packages, magazines, books, websites, CD jackets, etc. He draws various kinds of women in his Japanese-style artistic works as well as in his fashion illustrations.
Artist’s Comment: When drawing women, I try very hard to draw women who can be accepted even by women.
ミヤモト ヨシコ : Yoshiko Miyamoto
1977年生まれ、島根県出身。神奈川県在住。 京都のデザイン事務所でweb・DTP を経験し、2005 年上京、フリーイラストレーターとして独立。 デジタルとアナログを融合させた透明感のある大人かわいい女性のイラストで、 雑誌、書籍、web、ポスター、パンフレット、パッケージなど様々な媒体で活動。
主な実績は靴販売店ポスター、ワールド系店舗タペストリー、花王商品パッケージ、書籍表紙など。
Born in Shimane Prefecture in 1977. Resident in Kanagawa Prefecture. After working as a web and DTP designer for a design office in Kyoto, she moved to Tokyo in 2005 to become a freelance illustrator. Combining analog and digital techniques, she draws illustrations of cute adult women with a sense of transparency. Active in drawing illustrations for magazines, books, websites, posters, brochures, tapestries, packages, etc.
スーパーねねにゃん