乳歯

Let’s feel entertainment in life

 

赤ちゃんの歯が生える時期

赤ちゃんの歯が生える時期

赤ちゃんが生まれてから最初に生えてくる歯、「乳歯(にゅうし)」。英語で “milk tooth” と言います。乳歯は一般的に生後3ヶ月から9ヶ月くらいで生えてきます。個人差がとても大きく、生まれたときにすでに生えている子もいれば、1歳を過ぎるまで生えてこない子もいます。また、生える順番が違う子もいますので、あまり神経質にならずにゆっくりと見守ってあげてください。

赤ちゃんの歯が生える時期

乳歯が生える順番

乳歯は基本的には前歯から奥歯へ順に生えていきます。ただ個人差がかなりありますので、子供によっては歯の生える順番が違うことが割とあります。前歯より奥歯が先に生えてくるなどの場合を除けばある程度順番が違ってもあまり気にする必要はありません。一般的な乳歯が生える順番は以下のようになります。

一般的な乳歯の生える順番
6ヶ月〜9ヶ月頃 下の前歯が2本生え始めます。乳中切歯といいます
9ヶ月〜11ヶ月頃 上の前歯が2本生え始めます。乳中切歯といいます。
11ヶ月〜1歳頃 上下の歯が4本ずつになります。(乳側切歯が生えてきます。)ここまでの8本は順番が変わることもわりとあります。
1歳〜1歳半頃 最初の奥歯(第一乳臼歯)が生えてきます。
1歳半〜2歳頃 犬歯(乳犬歯)が生えてきます。
2歳〜2歳半頃 奥歯(第2乳臼歯)が生えて来ます。20本生え揃います。
乳歯と永久歯の本数

乳歯と永久歯の本数

4歳になる前に乳歯が抜けた場合

乳歯と永久歯の違い

乳歯と永久歯の見分け方

乳歯の後ろに永久歯が生えてきた?

乳歯の虫歯

乳歯の保存

赤おすすめ乳歯ケース

スーパーねねにゃん